ブラックでもお金を借りることができるのか

「ブラック入りしている」というのはどういうことでしょうか。

通常、銀行や信販会社、消費者金融などで借り入れを申し込むと、審査があります。

審査では、申込者の職業や収入、勤続年数、過 去を含む現在の借入れ状況と返済状況などの個人信用情報機関の記録を参照されます。

審査基準を満たさない場合は、審査に落ちてしまい、融資を受けることができません。

審査基準は、借入れ先 の業者によってさまざまで、どんな基準であるかは一般公開されていません。

しかし、自己破産や任意整理など債務整理を行った場合は、最低でも7年から10年間は個人信用情報機関に事故として記録されます>。

この記録されている状態のことを「ブラック入りしている」と一般的に言い表します。

ブラック入りしていると、大手銀行や消費者金融で融資を受けることは不可能です。

さらに、 新たにクレジットカードを作ることもできません。

たとえ、延滞や遅延などの理由で契約解除になり、完済したとしても、ブラック入りしている限りは新たなローンはできません。

また、うっかり 返済し忘れてしまうことを何回か繰り返してもブラック入りしてしまいます。

利用者にとっては「たったそれだけのこと」かもしれませんが、ブラックの人への制裁はとても厳しくなります。

場合 によっては、利用中もクレジットカードのキャッシング枠や毎月の利用可能限度額の設定を下げられてしまったり、キャッシングができなくなることもあります。

一度ブラック入りしてしまうと、ほとんどの銀 行で事故歴が残っていると考えてほぼ間違いありません。

個人信用情報は金融機関内で出回っているため、調べたらすぐに分ります。

つまり、ローンが組めず、キャッシングも利用できないため、 すべて現金払いにするしかありません。

現金払いのみというのは、思っている以上に不便です。

ブラック入りすると何もよいことはありません。

ブラックの仲間入りをしないように返 済は確実に行うことが大切です。

ブラック、自己破産者でもお金を借りる方法はあるか

ブラックでもお金を借りる方法はあるのでしょうか。

ブラックと言えば、ブラックリストを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は、世の中に「ブラックリスト」と呼ばれるものは存在しません。

しかし、個人信用情報機関では、ローン利用者の借入れ状況や返済状況、借入れ件数などが詳しく記録され、延滞や遅延、任意整理、自己破産についても記録されています。

いつしかこの記録のことを「ブラ ックリスト」と呼ぶようになり、今では多くの人に知れ渡っています。

国内には、数多くの金融機関がありますが、基本的に一度ブラックになってしまう、つまり、個人信用情報機関に事故歴が記録されてしま うと、キャッシングやカードローンの利用は厳しくなります。

最低でも7年から10年程度は記録が残るため、その期間はローンを申し込んだとしても審査に通ることはかなり厳しく、通過しないと言っても過言>ではありません。

もちろん、どのような事故なのかにもよります。

例えば、同じブラックであっても、期日までに返済し忘れてしまったが最終的に完済した人と、自己破産をした人とではブラック の度合いが大きく異なります。

自己破産をした人では、たとえ年月が経ったとしても、大手の銀行や消費者金融での借入れはほぼ100%不可能に近いと言えます。

仮に、自己破産をしてから10年経>過していたとしても、全ての記録がなくなるわけではありません。

そのため、ブラックの方がお金を借りるのはかなり難しいと言うのが現状です。

よくインターネット上に自己破産後7年から10年>程度経過すれば、融資を新たに受けられる、クレジットカードも作れるようになるという情報がありますが、これらの情報には信憑性がありません。

一度ブラックになってしまうと、社会的な信用を大きく失っ ているという状態に陥ります。

そこから信用を回復するのは一生できないかもしれないと言われているくらいです。

ブラックになったら、お金を借りれませんし、借りようとすること自体が間違っ ていると認識しなければいけません。

お金に関する豆知識、ブラックリストとは何か

「ブラックリストに載ってしまったから、クレジットカードを作れない、新たなローンが組めない」ということを聞いたことがある人は多いと思います。

ブラックリストというと、何か特別なリストではないか と想像してしまいがちですが、信用情報機関に登録されている過去の金融に関する事故歴とその詳細のことを、ブラックリストと呼んでいるだけです。

金融に関する事故歴というのは、キャッシングやカードロ ーンなどで借り入れたお金を返済期日までに支払わないで、滞納や遅延したときの記録や、任意整理、自己破産、失踪など返済に関して何かしらの支障や問題があったときの情報のことです。

ブラックリストに 登録されてしまうのは、任意整理や自己破産、失踪をした場合はすぐに記録されますが、短期間でたびたび延滞を繰り返した場合や返済期日から3か月経過しても返済していない場合にも登録されてしまいます。

信用情報機関に事故歴が登録されてしまうと、これまで使用していたクレジットカードが利用停止になり、新たなクレジットカードの契約や住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、他社のカードローンなどありとあらゆ>るローンを組むことができなくなります。

ブラックになってしまうと、場合によってはその家族もカードが使えなくなったり、利用限度額がこれまでよりも減らされてしまう可能性もあります。

こ れは、カード審査の際に家族情報も信用情報機関で確認できるためです。

ブラックリストに登録されてしまうと、原則として、延納や遅延の場合は5年間、任意整理や自己破産などの債務整理の場合は7年から10年間は記録が残ります。

記録が残っている間はどこの消費者金融からもお金を借りれないことだけでなく、社会的な信用を大きく失ってしまいます。

ローンを利用している人は、ブラックリストに 載ってしまわないように、計画的な利用を心がけることはもちろんのこと、返済期日は必ず守って利用することが大切です。

カードローンで安心してお金を借りるには

給料日前など、お金がないときに限って、飲み会やデート、旅行、バーゲンなどのイベントや行事があるものです。

そんなときにお金をすぐに用意できると便利ですし、急な金策でも安心です。

今すぐにお金を借りたい場合におすすめなのが、カードローンです。

消費者金融と聞くとあまりよい印象がない方がいますが、銀行系消費者金融であれば、安心して借入れができます。

初めてカードローンを申し込む方は、希望額が借りられるか、金利はどの程度なのか、返済はどうしたらよいのか、など分からないことや気になることがいっぱいです。

一般的に、初めて借入れする場合は、まだ信用が少ないため、利用限度額を少なく設定されることがほとんどです。

しかし、安定した年収があり、過去に金融事故を起こしておらず、特に審査基準に問題なければ、借入れできる可能性は高くなります。

金利は銀行系消費者金融は一般的な消費者金融よりも低めに設定されていることが多いため、利息が心配であれば銀行系消費者金融がおすすめです。

また、初めての方限定で無利息キャッシングサービスがある会社もあり、「30日間無利息」など一定期間の借入れが利息ゼロなので、期間内に全額返済できるのであれば利用したほうがオトクです。

金利は消費者金融によってさまざまで、借入れ額によっても異なるため、事前に借入れ希望額に対する金利を公式サイトで調べておくとよいでしょう。

返済は、インターネット、コンビニATM、提携ATM、店頭窓口など、お好きな方法でOKです。

期日に遅れないように入金するようにしましょう。

うっかり返済し忘れたり、返済しないまま放置してしまうと、延滞や遅延と見なされてしまい、ブラックリストに載ってしまうことがあります。

ブラックになると、借入れができなくなり、クレジットカードも利用できなくなり、社会的信用を失ってしまいます。

ブラックにはならないように、返済期日はきちんと守るようにしましょう。

海外でお金を借りるなら海外キャッシングがおすすめ

海外旅行に行くと、日本では体験できないことがたくさんでき、刺激がいっぱいで本当に楽しいものです。

かわいい雑貨や日本にはないデザインの洋服や靴、バッグなどどれも魅力的で、つい財布のヒモが緩んでしまいがちです。

気がついたら財布の中のお金を使い切ってしまっていた、なんてことも多々あることでしょう。

しかし、海外でお金がないとなると、かなり不安を感じてしまいます。

そんな時に便利なのが海外キャッシングです。

海外キャッシングは、世界主要都市の空港や銀行のCD・ATMなどで、日本のATMと同じ操作でお金を引き出すことができるサービスです。

海外キャッシングは、現地通貨を引き出せるため、わざわざ両替に行く手間が省けます。

海外では日本とは異なり、現金をたくさん持ち歩くのは危険です。

スリや強盗は日本の何倍もの件数で発生していますし、地域によっては日常茶飯事であることもあります。

現金を持ち歩かないでクレジットカードだけを持っていれば大丈夫という考え方もありますが、あまりにも現金が少ないと、コーヒーやバス代、ランチ代などちょっとしたお金を支払うときに不便になります。

海外キャッシングを利用したら、国内でキャッシングサービスを利用したときと同じように、翌月一括自動引落しされます。

海外キャッシングを利用するには、クレジットカードを持っていることが最低条件です。

しかし、延滞・任意整理・民事再生・自己破産などで信用情報機関に金融事故が記録されてしまった場合、すなわち、ブラックリストに載ってしまったら、クレジットカードが使えなくなりますし、新たに契約することもできなくなります。

ブラックの方は、クレジットカードが持てないため、海外キャッシングを利用できません。

そのため、どうしても海外旅行に行きたい場合は、現金を持ち歩くしかありません。

渡航先によっては危険度が上がることもあるため、十分に気をつけながら旅することになってしまいます。

銀行からお金を借りるメリット・デメリット

お金を借りることができる業者を調べていると、検索結果の中に銀行系の消費者金融会社と、銀行キャッシングという言葉が表示されると思います。

銀行系の消費者金融は、あくまでも消費者金融から借入れをすることであって、銀行が直接キャッシングをしているわけではありません。

これに対し、銀行キャッシングとは、銀行からお金を借りることで、貸し主が銀行になります。

よく、「銀行のキャッシングなら安心」という言葉を耳にすると思いますが、これは銀行キャッシングのことを言っています。

銀行キャッシングのメリットは、総量規制の対象外であることです。

総量規制とは年収の3分の1までしか借入れができないという規則ですが、これは消費者金融や信販会社での借入れのみに適用されます。

つまり、銀行キャッシングなら、より高額な融資を受けることができます。

さらに、消費者金融よりも金利が低いため、年利が低くなり、長期的に返済する場合に、消費者金融のように利息ばかりを支払い続けて元金が減らないといったことにはなりにくい傾向があります。

高額融資ができ、低金利という点では銀行キャッシングはすばらしいと思いますが、デメリットもあります。

それは、審査結果が出るまでに時間がかかることです。

消費者金融の審査は、「最短30分」など審査が早く、即日融資が可能なことが多いですが、銀行から借り入れることから審査基準が厳しく設定されています。

銀行が指定する年収や勤続年数などがないと、審査には通りませんし、ブラックであればほぼ絶望的と言ってもよいでしょう。

銀行キャッシングでは即日融資ができることが少ないため、急を要する場合には適していません。

メリット・デメリットのある銀行キャッシングは、その特徴をしっかりと把握した上で利用するとよいでしょう。

銀行によって、金利やサービスが異なるため、銀行を選ぶ際はできるだけ金利が低くてサービスが充実している銀行を探すことをおすすめします。

学生でもお金を借りることができる学生ローン

大学生や専門学校生は、サークル活動やコンパ、飲み会、友人との外出、デートなど何かと出費がかさみがちです。

しかも、学校で使う教科書や教材はどれも高額で、学費とは別に教科書代や設備費などの費用が別途必要になります。

さらに、就職活動費や運転免許の取得費用、卒業旅行費など、学生時代は毎年のように多額のお金がかかり、ときに一般的な社会人よりも出費が多くなることがあります。

多くの学生はアルバイトをしていますが、アルバイト収入だけで、これらの費用すべてを補うのは無理があります。

そんなときに、学生ローンを賢く利用することで、急な出費に対応できるようになり、お金に関する悩み事や問題が解決しやすくなることがあります。

学生ローンは、社会人向けのローンよりも低金利であることが多く、満20歳以上で安定したアルバイト収入があることが申込み条件になります。

アルバイトをしていなかったり、安定した収入がない場合は審査に通らない可能性が高くなります。

また、満20歳以上であったとしても、他社の借入れで延滞をした経験があり、ブラックリストに載ってしまっていると、ほぼ断られてしまいます。

一般の社会人向けのキャッシングサービスの利用も可能ですが、学生の間はできるだけ学生ローンを利用するほうがおすすめです。

学生ローンは、アルバイト収入であることを前提に審査をするため、利用限度額が少なめに設定されることがほとんどです。

そのため、お金を借りすぎてしまうことがなくなるため、安心して借入れができます。

多額の融資を受けたい場合は、両親に援助を求めたり、相談する必要があります。

気をつけたい点は、学生でも借りたお金はきちんと返済しなければいけないということです。

返済しないまま放置してしまうと、延滞損害金が発生することはもちろんのこと、最悪の場合、ブラックとして信用情報機関に登録されてしまいます。

毎月きちんと返済して計画的な利用を心がけましょう。

無職の人でもお金を借りる方法について紹介

リストラや転職活動中で無職であったとしても、生きていくために最低限のお金が必要です。

無職になると手元にお金がないことが多くなり、キャッシングを利用して仕事が見つかる間まで何とかしのげないかと思うものです。

しかし、キャッシングを利用するには、安定した収入がないと申し込めないと思い、最初から諦めてしまったり、審査を受けることを躊躇する人がたくさんいます。

そもそもキャッシングはお金がない人に貸付するものではありますが、キャッシング会社によっては無職の場合は審査に通らないことがあります。

より審査に通りやすくするためには、無職でなくしてしまうことがおすすめです。

無職でなくなる方法の一つ目は、アルバイトやパートをすることです。

世の中には無職と言いつつも、コンビニや工場などでアルバイトをしている人がたくさんいます。

この場合は、厳密には無職ではなく、「フリーター」になります。

週2日勤務だったとしても、勤めているため無職とは言えません。

申込みフォームの雇用形態欄にフリーターと入力して申請するだけで、無職よりも格段に審査に通りやすくなります。

ちょっとでも働くことがポイントです。

二つ目は、個人事業主になることです。

例えば、インターネット上で小物や雑貨類などを販売している場合は、自営業者になります。

小銭を稼いでいる程度であったとしても、個人でネットビジネスをしていることには変わりがありません。

勤務先名は何か会社名をつけて、勤務先の電話番号は自宅の番号を入力しておくことで、自宅に勤務先照会の電話がかかってくるだけなので、電話に出れば特に問題はありません。

ここで紹介した二つの方法を試してみるだけでも、100%確実とは言い切れませんが、審査に通る可能性を上げることができます。

ただし、ブラックの方は、無職ではなく安定した収入がある仕事に就いていたとしても、キャッシングの審査に通ることは限りなく不可能に近くなります。

借入れ時に気になるキャッシングの限度額について

クレジットカードでのキャッシングや消費者金融のカードローン、銀行のローンなどお金を借りる際に最初に気になるのは、実質年率と利用限度額ではないでしょうか。

融資を受けたい理由によって、必要な希望融資額は異なります。

例えば、給料日前の数日間の生活費を補いたい場合は、1万円から数万円程度でよいかもしれませんが、大きな買い物をする場合や、教育資金として利用したい場合、他社の借入れ分を一括返済したい場合などはまとまった金額が必要になります。

消費者金融などの公式サイトを見ると、「最高限度額500万円」「最高極度額300万円」などとありますが、すべての申込者が最高限度額まで借入れできるという意味ではありません。

キャッシングの限度額は一人ひとり異なり、その人の信用度と年収によって決まります。

初めてキャッシングを利用する場合、きちんと返済してくれるか信用がないため、総量規制で年収の3分の1までは借入れ可能ですが、限度額は低めに設定されることがほとんどです。

限度額を増やすには、年収を増やすことと、クレジットヒストリーをクリアな状態でキープすることです。

収入が上がればそれだけ返済能力があると見なされます。

延滞や遅延をすることなく毎月きちんと返済をしていれば、きちんとお金を返す人だと信頼してもらえます。

継続してきっちり支払い続けることで信用度が少しずつ上がっていき、限度額をアップさせることが可能になります。

しかし、過去に任意整理や自己破産などの金融事故歴がある場合は、お金を借りることはかなり厳しくなります。

ブラックの方は信用情報機関に5年から10年間は事故情報が登録されてしまいます。

登録情報がなくなってから、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、キャッシングを利用することができるようになります。

ブラックになってしまうとかなり長い期間、基本的に現金払いしかできないため、不便な思いをすることになります。

低金利でお金を借りることができる金融機関

お金を借りるのであれば、少しでも低金利のところから借入れしたいと誰しも思うはずです。

しかし、初めてお金を借りようとしている方は、どこにどうやって借りればいいのか分からず迷ってしまうこともあります。

さらに、借入れするローン会社によっては金利が高いこともあります。

金利が高く設定されていると、返済のときに利息をたくさん支払うことになり、何かと負担になってしまいます。

少しでも金利の低いローン会社を選ぶことは、賢い借り方と言っても過言ではありません。

ここではおすすめの低金利で借入れができるローンを紹介します。

まずは、住信SBIネット銀行のカードローンです。

住信SBIネット銀行のカードローンの実質年利は3.5%から10.0%、利用限度額は最高700万円まで、初めて利用する方は最大2か月間無利息という、業界内トップクラスの金利を実現しています。

ネット専業銀行は店舗がある銀行よりもコストを抑えることができるため、低金利での貸付が可能です。

サービス利用の際は住信SBIネット銀行の口座開設が必要になります。

次に、三井住友銀行グループのモビットです。

モビットと言えば、最短10秒で審査結果が表示、即日融資可能であることが特徴の消費者金融です。

実質年利4.8%から18.0%、利用限度額は最高500万円まで、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行口座をお持ちであればWEBで完結申込可能なので、身分証明書のコピーなど必要書類を郵送で送る手間がかかりません。

すぐに借入れしたい方にぴったりの消費者金融です。

やはり低金利で借入れできるのは銀行系のローン会社や銀行グループの消費者金融が多い傾向があるため、できるだけ銀行のローンを申し込むとよいでしょう。

なお、過去に延滞や債務整理などを行った経験のあるブラックの方で、信用情報機関に事故情報が登録されている場合は、ローンやキャッシングなどの利用は不可能と思っておいてよいでしょう。

ブラックでもATMでお金を借りることができるか

「急な出費で困った」「給料日まで生活が苦しい」「急にクライアントと飲みに行くことになった」など人生の中で、お金が急に必要になることはよく起こりがちです。

そんなときにキャッシングは心強い味方ですが、キャッシングは申し込み手続きが実に簡単にできます。

パソコンやケータイ、スマートフォン、電話、自動契約機、店頭窓口などお好みによって選ぶことができ、必要なものは運転免許証や健康保険証などの身分証明書、場合によっては源泉徴収票や収入を証明する書類、住民票や印鑑証明などです。

身分証明書の写真を指定されたアドレスに送信することもでき、わざわざ店舗に出向くことなく、申し込みから借入れが自宅のパソコンでもできます。

ほとんどの消費者金融では、借入れや返済は全国各地にある提携ATM、コンビニATMなどが利用できるため、お金が必要になったらいつでも借入れができ、返済日や資金に余裕があるときはいつでもお金を返すことができます。

キャッシング利用者のほとんどが利用するATMは、消費者金融によってはすべてのATM利用手数料が無料なこともあり、提携ATMの数を増やし続けている会社もたくさんあります。

利便性が高いキャッシングですが、信用情報機関に事故情報が登録されている人、すなわち、ブラックの方は、キャッシングの利用はできません。

銀行の預金口座を開設して、ATMで預入・引落しをすることはできますが、キャッシングやカードローンの利用などはすべてNGになります。

信用情報機関の事故情報が消えてしまえば、新たにキャッシングを利用できるようになり、ATMで借入れ・返済ができるようになりますが、事故情報が消えるまでには、事故情報の内容にもよりますが、最低でも5年から10年程度は必要になります。

ブラックになってしまうと、何かと生活する中で不便を感じてしまいます。

ブラックは絶対的にならないほうがよいです。

キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。

保証人にもなれないブラックリストの人たち

キャッシングやカードローンは、インターネット申し込み可能、審査時間わずか数十分程度、即日融資可能、安定した収入があれば借入れOKという、いつでも気軽に借入れできる便利さから、つい借りてしまいがちです。

特に、急な冠婚葬祭や友人との付き合い、出張、旅行など今すぐにお金が必要なときには、即日融資をしてもらいたいと誰しも思うものです。

キャッシングやカードローンは、癖になってしまいがちで、一度審査に通ると限度額まで何度でも借入れでき、半年から一年程度、返済期日を守っていれば限度額アップができる可能性があります。

しかし、無計画に借入れしていると、返済できなくなり、最悪の場合、任意整理や自己破産などの債務整理しか手段がなくなり、ブラックリストに載ってしまうことになります。

ブラックになるとクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、キャッシングの利用ができなくなり、かなり不便になりますが、ブラックリスト入りしてしまうと、デメリットはこれだけではありません。

信用情報機関に事故情報が登録されていると、あらゆるローンの保証人になることができなくなります。

ブラックの方は、社会的な信用がなくなります。

信用情報機関に事故情報が登録されていると、主債務者の代わりに返済することができるとは決して見なされません。

たとえ、安定した収入のある配偶者の保証人になろうとしても、ブラックである理由から、保証人になるのは絶望的と言えます。

仮に長い年月の末、信用情報機関の事故情報が消えたとしても、保証人に100%なれるとは言い切れません。

ブラック情報は、どんな事故であったかにもよりますが、履歴は5年から10年間は登録されたままです。

やはり、ブラック入りしてしまうと良いことが何一つないため、キャッシングやカードローンは確実に返済できる範囲内で利用することです。

気軽に借入れできるけれど、怖さもあることを十分に自覚しておく必要があります。

自己破産でブラック入りした場合のデメリット

「自己破産するとブラックリストに載る」とよく言われていますが、これは信用情報機関に金融事故として登録されるということを意味します。

自己破産とは、お金を借りすぎてしまったことが原因で返済不能に陥ってしまった人が、法律の力を借りて、その人が所有する最低限度のものを除いたすべての財産を借入れ先に分配することで、借金を帳消しにしてもらうことです。

自己破産をすると、財産をすべて取られてしまう、引越しも旅行もできなくなる、会社をクビになってしまう、人生そのものが終わるなどといった誤解がありますが、決してそうではなく、「人生をもう一度やり直すチャンスをもらう」ということです。

確かに自己破産は最終手段ではありますが、人生が終わってしまうほどの絶望的なものではありません。

ただし、自己破産をすると、信用情報機関にその事実が登録されてしまい、クレジットカードやローン、キャッシングなどお金に関する申し込みはすべてできなくなります。

仮に申し込んだとしても100%の確率で審査に落とされます。

国内の信用情報機関は、日本信用情報機構、CIC (シーアイシー)、全国銀行個人信用情報センターなどがあります。

これらの信用情報機関に自分の登録状況の閲覧を申請することができます。

自己破産でブラック入りしてしまうと、新たな借入ができなくなるデメリットだけではありません。

これまで築きあげてきた財産のほとんどを失ってしまいます。

例えば、自宅、車、宝石類などの貴金属などは差し出す必要があります。

残るのは生活に必要な最低限のものだけになります。

また、保証人付きの借金をしている場合は、その請求はすべて保証人にいきます。

キャッシングやカードローンであれば誰にも迷惑かけませんが、保証人がいる場合はその人に多大な迷惑をかけてしまいます。

自己破産してブラックになると借金はチャラになりますが、それでもマイナスのほうが圧倒的に多くなるため、計画的な利用は必要不可欠です。