月別アーカイブ: 2013年11月

事前に知っておきたいお金を借りるデメリット

「給料日前で生活費がピンチ」「支払いが続いてしまい、家計がピンチ」などお金に困ったときに何かと役立つサービスと言えば、キャッシングやカードローンです。

消費者金融からお金を借りる場合、即日融資ができることが多いため、今すぐお金が必要なときは本当に助かります。

インターネットから申込みができ、審査結果が出るのが数十分から長くても数時間程度と早く、近くのコンビニATMや提携ATMで返済ができ、限度額の範囲内であれば何度でも借入れOKなのでとても便利です。

借りたいときにお金が借りられるのはメリットですが、デメリットもあります。

お金を借りる最大のデメリットと言えば、利息です。

消費者金融によっては無利息キャッシングサービスを行っているところもありますが、一定期間を過ぎてしまうと利息が発生します。

期間内に完済できるのであれば特に問題はありませんが、お金を借りる場合は基本的に利息を支払う必要があります。

何回かお金を借りているうちに、借入れそのものに慣れてしまい、借金に対する抵抗感が少なくなってしまう傾向があります。

そうなると限度額いっぱいまで借りてしまったり、もっと借りるために限度額が増やせないかローン会社に相談しようとする人もいます。

結果的に、返済期間が長くなり、利息も膨れ上がってしまい、多額の借金がなかなか減らないという状況に陥ってしまう可能性があります。

最悪の場合、債務整理をするしか解決法がなくなってしまい、ブラックリストに載ってしまうことになります。

ブラック入りすると、新たな借入れや新規クレジットカード加入ができなくなります。

人生の中では、住宅購入やマイカー購入などローンを組む必要性があることもあります。

そんなときに現金払いしかできないというのは大きなデメリットになります。

事前にお金を借りるメリット・デメリットをよく考えた上で借入れをすることが大切です。

具体的な返済プランを立てておくことがポイントです。

素朴な疑問、お金を借りるメリットについて

「お金を借りる」というと、あまりよい印象がないのが一般的です。

お金を借りている人の中には、借金総額が増えすぎてしまったことが原因で、夜逃げや自己破産するしかない状況に追い込まれてしまう人もいることから、生活苦のイメージがどうしても強くなりがちです。

実際、お金を借りすぎてしまったことによる金融トラブルで悩んでいる人が後を絶たず、社会問題にもなっています。

しかし、借金は決して特別な行為ではありません。

「借金」という言葉を使っていないだけで、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードキャッシングなどもお金を借りているということになります。

つまり、よい印象がない借金は私たちの生活のいたるところに存在しているということなのです。

もちろん、お金を借りることはデメリットがありますが、冷静に考えるとメリットもあります。

一番のメリットであるのは、お金が必要なときに、利息は発生しますが手に入ることです。

急な出費が必要になったときに家族や親せき、友人からはなかなか借りにくいですし、お金の貸し借りが原因で信頼関係が崩れてしまうこともあります。

しかし、金融機関であればビジネスなので相手に気を遣う必要がありません。

きちんと返済さえすれば、貸す側である金融機関はお客さまとして丁重に対応してくれます。

人生の中には、どうしてもお金が必要で借りるしかないということも起こりうる可能性があります。

そんなときに、金融機関を利用することで肩身の狭い思いをしなくてすみますし、苦境を乗り切ることもできます。

もしものときのために、あらかじめ銀行のカードローンを契約しておくのもおすすめです。

入会費や年会費はかからないことがほとんどなので、作っておいて損することはありません。

ただし、ブラックの方はお金を借りることができません。

ブラックリストに載ってしまった方は仕事をかけもちしたり、転職するなど何かしらの方法で苦境を乗り切ることになります。

お金を借りたい方におすすめのカードローンを紹介

お金は銀行や消費者金融から借りられます。

銀行からお金を借りるのと消費者金融から借りる場合の違いは、総量規制の対象になるかならないか、金利、審査結果が出るまでの時間などがあります。

すぐに資金が必要な場合は即日融資が可能な消費者金融がおすすめですし、多額の資金を借入れしたい場合は金利が低い銀行がおすすめです。

お金を借りたいと思っている方の多くが望んでいることと言えば、やはり金利が少しでも低いことです。

ここでは、そんなみなさんにおすすめのカードローンを紹介します。

一つ目は住信SBIネット銀行のカードローンです。

住信SBIネット銀行はインターネット専業銀行であり、コストを抑えることができるため、実質年率3.5%から10.0%というオトクな金利が特徴です。

利用限度額はスタンダードコースが100万円まで、プレミアムコースは700万円までで10万円単位で限度額が決まります。

担保・保証人不要で満20歳以上で安定継続した収入がある方であれば申込み可能です。

即日融資は厳しいですが金利が低いため、返済の負担が少なくてすむのが魅力です。

二つ目は新生銀行レイクです。

レイクを初めて利用する方限定で、「180日間無利息」か「30日間無利息」のどちらかのサービスを選べます。

無利息期間が設けられているため、期間内に全額返済すれば、金利ゼロで借入れできます。

無利息期間終了後は実質年率4.5%から18.0%、最高限度額500万円です。

利息を支払いたくない方や金利に対する不安感が強い方にぴったりです。

原則としてお金を借りるには、満20歳以上であることや安定した収入があることが条件ですが、ブラックの方はこれらの条件を満たしていたとしても借入れはできません。

必要に応じてお金を借りたいのであれば、ブラックリストに載ってしまわないように気をつけることです。

ブラック入りしてしまうとデメリットが多いということをよく理解しておくようにしましょう。

パートやアルバイトでもお金を借入れできるのか

パートやアルバイト収入しかないと、お金を借りられないと思っている方は意外とたくさんいます。

実はほとんどの消費者金融では、パートやアルバイトの方でも安定した収入がある方であれば、主婦であってもお金を借りることができます。

もちろん、低金利である銀行からお金を借りる場合は、消費者金融よりも審査基準が厳しく設定されているため、確実に借りることができるとは言い切れません。

しかし、消費者金融であれば、正社員や契約社員など「社員」として勤務していることが必須条件ではないため、ボーナスがなくても、派遣スタッフとして働いていても、定期的な収入があれば、ブラックリストに載っていない限りはお金を貸してもらえることがほとんどです。

ただし、パートやアルバイトの方は、そうしても社員や契約社員の方よりも給料が少なくなりがちです。

そのため、利用可能限度額が少なく設定される可能性が高くなります。

例えば、正社員であれば限度額100万円であるところ、パートやアルバイトの方の限度額が30万円になる、ということはありがちです。

審査ではどの程度収入があるか、勤続年数はどれくらいか、過去に金融事故を起こしていないか、返済能力はあるか、他社の借入れ額と件数はどの程度か、などをチェックしていきますが、パートやアルバイトに限らず、初めて利用する方は信用歴がないため、一般的に利用限度額は少なめに設定されることがほとんどです。

アルバイトであっても多額の借入れをしたい場合や、将来的にたくさんのお金が必要になることが分かっている場合は、毎月返済期日前にきっちり支払うことで信用度をアップさせておき、半年から1年後に限度額を増やせないか相談してみるのもよいでしょう。

パートやアルバイトだからといって、お金を借りることを諦める必要はありません。

計画的な利用を心がければ特に問題ありません。

確かな消費者金融会社を選んで、お金を借りるようにしましょう。