月別アーカイブ: 2013年10月

女性専用のキャッシングサービスについて紹介

消費者金融と聞くと、「怖い」「借りたくても近寄りにくい」「安心して借りられるか不安」など、抵抗感を感じてしまう女性は多いと思います。

最近では、そんな女性のために、女性専用のレディースキャッシングサービスを取り扱う消費者金融が増えています。

消費者金融で女性専用のキャッシングと聞くと、イマイチイメージが湧かないかもしれませんが、通常のキャッシングとはどう異なるのでしょうか。

通常のキャッシングサービスでは、受付窓口やオペレーターが男性であることもあります。

女性の中には、男性スタッフの対応だと、「怖い」と感じてしまうことがあることから、女性専用のレディースキャッシングサービスが生まれました。

レディースキャッシングでは、受付窓口やオペレーターはすべて女性スタッフが対応してくれます。

女性専用のフリーダイヤルが設けられているため、専用ダイヤルであれば、女性スタッフしか電話応対しないという安心感があります。

この他にも、レディースキャッシングには女性が喜ぶさまざまなサービスが充実しています。

例えば、入会金や年会費が無料だったり、通常のキャッシングよりも金利が低く設定されていることもあります。

中には、一定期間無利息で借りられるキャンペーンが設けられていることもあり、女性専用のキャッシングはオトク感がいっぱいです。

魅力が多いレディースキャッシングサービスは、主婦の方やパート・アルバイトの方も利用可能です。

中には専業主婦であったとしても配偶者に安定した収入があれば借入れ可能なところもあります。

しかし、ブラックリストに載ってしまっている方は残念ながら借入れができません。

ブラックでなくなるのを待つしか方法がないのが現状です。

金融事故の内容にもよりますが、事故情報が消えるまで5年から10年程度はかかると言われています。

女性がキャッシングを利用するのであれば、レディースキャッシングのほうがオトクであることが多い傾向があります。

クレジットカードでお金を借りられないとき

買い物をするときに、クレジットカードを一枚持っていれば、多額の現金を持ち歩く必要がないため、非常に便利です。

クレジットカードは、普段のショッピング、公共料金の支払い、通信販売の利用、大きな買い物をする際、海外旅行など日常のありとあらゆるシーンで欠かせないアイテムです。

特に、海外旅行では、現金をたくさん持ち歩くと強盗やスリに遭う可能性が高くなるため、安全のためにクレジットカードは必需品です。

クレジットカードは買い物や支払いに使うものという認識が一般的ですが、お金を借りることができるキャッシング機能も付いています。

クレジットカードは契約時に利用限度額が設定されます。

利用限度額の範囲内であればお金を借りることができます。

例えば、限度額が40万円の場合、カードショッピングで15万円使ったとすると、25万円までキャッシングができるということです。

キャッシングサービスを利用すると、翌月のカードショッピングで利用した金額と一緒に請求されます。

支払方法は一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどから選べます。

ただし、キャッシングサービスを利用すると利息が発生します。

あらかじめ金利を確認しておき、最低限必要な金額だけを借入れることが大切です。

クレジットカードは一見すると、とても便利ではありますが、キャッシングサービスを利用したら、支払方法には注意が必要です。

リボ払いは毎月一定額を支払っていくため、返済プランが立てやすいというメリットがありますが、借金をしているという感覚が薄れてしまうことがあります。

借入れ額が大きいと利息ばかりを返済し、肝心の元金がなかなか減らないというケースもあります。

そのため、一括払いで支払ってしまうのが理想的といえます。

クレジットカードキャッシングはブラックリストに載ってしまうと利用できなくなります。

計画的な利用はもちろんのこと、お金を借りる癖をつけないことが重要です。

キャンペーンを利用して賢くお金を借りるには

給料日前のお金がないときや、急に大きな出費が必要になったときに、便利なのがカードローンやキャッシングサービスです。

銀行や消費者金融からお金を借りることができますが、せっかく融資を受けるのであれば、ちょっとでもオトクにお金を借りたいものです。

銀行や消費者金融では、お金を借りたい方向けにさまざまなキャンペーンを開催しています。

よく見かけるキャンペーンといえば、無利息キャッシングです。

無利息キャッシングとは、一定期間利息ゼロで借入れできることで、最も多い「30日間無利息」というキャンペーンは、借入れてから30日間で返済をすれば、借入れ金のみで利用できるということです。

利息が発生しないので、安心してお金を借りられるのが魅力です。

初めて借りる方やすぐにお金が必要な方にもおすすめです。

二つ目は、ポイントプレゼントキャンペーンです。

これは銀行系のカードローンで見かけるキャンペーンですが、カードローンを新規で契約して、借入れした金額によってポイントがプレゼントされるというもので、ポイントはインターネットショッピングなどの値引きサービスで利用できます。

キャッシュバックではありませんが、買い物した金額を値引いてくれるため、インターネットショッピングをすることが多い方にはうれしいキャンペーンです。

これらのキャンペーンは不定期に開催されることもあるため、普段からどんなキャンペーンが行われているかチェックしておくだけでも、もしものときに役立ちます。

ただし、これまでに遅延や延滞、代位弁済、債務整理の手続きをしたことがある方は、ブラック入りしている可能性が高いため、申し込んだとしても審査に通らないことがあります。

ブラックリストに載っている間は現金払いしかできず、借入れができません。

ヤミ金などからお金を借りる必要がないように、仕事を増やしたり、節約を心がけるなどの努力と、お金を借りないという強い意思が必要です。

無利息キャッシングサービスでお金を借りる

お金を借りる際に、どんなことが気がかりでしょうか。

周囲の人にお金を借りていることが知られてしまわないか、高い利息を支払わなければならないのではないか、他社でも借入れしているけれど審査に通るのかなど、何かと不安がつきものです。

初めてお金を借りる方は、カードローンのしくみがよく分からないことによる不安もあることでしょう。

お金を借りようと検討している方の多くが、ちょっとでも金利が低いところから借入れしたいと思っています。

そんなときにおすすめなのが、無利息キャッシングサービスです。

消費者金融の中には、無利息キャッシングサービスを設けているところがあり、「30日間無利息」や「180日間無利息」など無利息期間を設定しているところや、「なんどでも無利息」と条件を満たせば何度でも無利息で融資が受けられるというものがあります。

無利息期間内に返済できるのであれば、サービスを利用しない手はありません。

多くの無利息キャッシングサービスは、ローン会社を初めて利用する方を対象にしています。

そのため、どちらかというと、初めての方向きのサービスと言えます。

ただし注意しておきたいことは、無利息期間が終わったら、通常の利息が発生することです。

無利息キャッシングサービスを設けている消費者金融の中には、他社よりも金利が若干高めに設定していることもあります。

そのため、無利息期間内に返済しないと利息を支払うことになってしまい、返済期間次第では最初から利息が発生するローン会社とあまり変わらないこともあります。

また、基本的にカードローンやキャッシングはブラックの方は利用できません。

申込みをしたとしても、審査で落ちてしまいます。

心当たりがある方は、個人信用情報機関に問い合わせて、自分の信用情報をチェックするとよいでしょう。

無利息期間があるからといって、安心しきって借入れしていると、返済不能になってしまうこともあるので気をつけましょう。

インターネットキャッシングでお金を借りる

お金を借りるにはどうしたらよいでしょうか。

「家族や友人から借りる」と思った方は要注意です。

お金のトラブルは、人間関係にヒビが入る理由になりかねないのでおすすめできません。

一般的なお金を借りる方法と言えば、銀行や消費者金融などから借りることです。

お金を借りたいときの多くは、今すぐに必要なことが多く、気持ちが焦ってしまうことがあります。

そんなときにおすすめなのが消費者金融や銀行のカードローンです。

最近のカードローンは、インターネットキャッシングができることがほとんどで、パソコンやケータイ、スマートフォンから申込みができます。

インターネットキャッシングなら、わざわざ店舗に出向く手間が省けて、24時間いつでも好きなときに借入れができます。

しかも、家族や友人、職場の人にお金を借りたことを知られることはありません。

さらに、インターネットであれば、申し込む時間にもよりますが、即日融資も可能になり、申込みから借入れまで最短で数時間程度という短時間で融資を受けることもできます。

給料日前でどうしてもお金が足りないときや、予定外の出費が増えて困ったときなどはインターネットキャッシングが便利です。

審査に通れば、借入れ・返済もインターネットでできるため、忙しい方でも安心して利用できます。

申込み対象者はローン会社にもよりますが、満20歳であること、安定した収入があること、過去に金融事故経験がなくブラックでないこと、返済能力があることなどはどこのローン会社でも必要な条件になります。

消費者金融や銀行のカードローンは比較的早く審査結果が出るため、簡単にお金を借りることができます。

利用可能限度額の範囲内であれば、繰り返し借入れができるため、お金を借りることに対する抵抗感が薄くなってしまいがちです。

借入れは計画的に行うことと、返済期日をきちんと守ること、複数の会社から借入れしないことは、最低限守りたいルールです。

お金を借りるときに審査に確実に通るためには

お金を借りるには、自分のため、家族のため、子供のため、などさまざまな理由がありますが、せっかく借入れをするのであれば、確実に審査に通過したいものです。

銀行、農協、クレジット会社、消費者金融などの金融機関によって審査基準は異なりますが、基本的な審査項目は共通しています。

どんな条件を満たしていれば、審査により確実に通るのでしょうか。

一つ目は、嘘の申告は絶対にしないことです。

審査に通りたいがために、虚偽の申告をしてしまうと、申込みの時点で信用がなくなってしまいます。

審査項目の最も需要なポイントである収入を多めに申告したり、雇用形態を偽ったり、他社への借入れがあるにも関わらず、「無し」と書いて申告したとしても、個人信用情報機関の登録内容を照会すれば、嘘の申告をしたことが明らかになります。

二つ目はブラックリストに載っていないことです。

過去に延滞や代位弁済、任意整理、自己破産などを行った経験がある場合、信用情報に事故として登録されています。

事故情報が登録されている限りは、お金を借りることやクレジットカードを作ることも不可能になります。

だいたい5年から10年程度はブラックリストに載るため、お金を借りるのであれば登録が消えてからになります。

三つ目は収入や勤務先、勤続年数など基礎的な情報です。

収入は安定していることが第一に必要になります。

毎月ある程度の収入があるということは、返済能力があるという証として見なされます。

さらに、勤務先は公務員や大手の会社などが有利になりやすい傾向があります。

しかし、中小企業であっても特に問題はありません。

肝心なことは、勤続年数です。

勤め始めて最低でも1年以上はないと審査に通りにくくなります。

この他にも、住宅状況や家族構成、他社の借入れ件数なども審査基準になります。

自身の信用情報を確認し、マイナス点がないか確認しておくのもおすすめです。

これだけでも審査に通りやすくなります。

未成年であってもお金を借りられる方法とは

「友人との付き合いで出費が増えてしまい、お金がなくなった」「アルバイトの給料日前でお財布がピンチなのに、コンパに誘われた」などお金がなくて困るのは、大人も未成年の方も同じです。

お金がないと本当に不便ですが、未成年の方は銀行や消費者金融などからお金を借りることができるのでしょうか。

一般的に、ほとんどの銀行や消費者金融では、満20歳以下の未成年との契約はできないと法律で定められています。

仮に未成年が契約をした場合、保護者が契約を破棄してもよいと法律で認められています。

そのため、未成年が契約してお金を借りていたとしても、保護者が契約破棄にしてしまうことは避けたいため、銀行や消費者金融は原則として満20歳以上の人に貸付をしています。

しかし厳密に言うと、未成年でもお金を借りることができます。

一つ目は、学生ローンです。

学生ローンは学生であることを前提にしたローンであるため、18歳以上から借入れができます。

ただし、アルバイトをしていることが条件になるローン会社もあるため、事前に申込み条件を確認しておくことです。

また、未成年であるため、保護者の同意が必要になります。

二つ目は、未成年から成年になることです。

成年になるとは、結婚するということです。

日本の法律では、満20歳以下であったとしても、結婚をすれば成年と見なされます。

法律では男性は18歳、女性は16歳で結婚ができるため、この年で結婚をすれば成年になり、お金を借りることができます。

このどちらかの条件に当てはまるからといって、借入られるとは限りません。

未成年であっても、過去に延滞や債務整理の手続きをした経験がある場合、つまり、ブラックリストに載っているのであれば、ブラック期間中は審査には通りません。

自分の個人信用情報の登録内容が気になる方は、申請すれば自身の信用情報の閲覧ができます。

心当たりがある方や心配な方は、調べておくのもおすすめです。

主婦でもお金を借りられるカードローンについて

主婦はお金を借りられないと思っている方がたくさんいますが、実際はそういったことはありません。

主婦は日々、洗濯や掃除、育児、お弁当や食事の支度、ゴミ出しなどやることがたくさんです。

しかも、夫の収入がなかなか上がらない、ボーナスが減ったなど将来に不安をかかえながら、毎月の生活費のやりくりに知恵をしぼっていることでしょう。

教育費、住宅ローン、自動車購入など、各ライフステージによってまとまったお金が必要になるたびにお金が足りなくなってしまう、なんてことは起こりがちです。

どんなに生活費を切り詰めたとしても限界がありますし、そういった場合は、お金を借りることが必要になります。

最近は、主婦でも借りられるカードローンが増えています。

パートやアルバイトをしている主婦の方であれば申込みできるものもあれば、専業主婦であっても配偶者の収入を審査の対象にして申し込めるものもあります。

配偶者の収入を審査する場合は、限度額が少なめに設定されることが多い傾向がありますが、それでも融資を受けられると何かと便利です。

パートやアルバイトをしている主婦は、自身の収入が審査の対象になります。

「収入がある」として審査されるため、個人信用情報に事故情報が載っていないのであれば、消費者金融のカードローンは比較的借入れしやすくなります。

ところが、ブラックリストに載ってしまっていると、どんなに安定した収入があったとしても、一定期間は借入れができませんし、クレジットカードショッピングもできません。

主婦でも借入れができると、うれしさからつい何度も借りてしまう人もいます。

お金を借りることが習慣になってしまうと、借金癖がついてしまい、やめられなくなってしまいます。

気がついたときには借金が膨れ上がってしまい、返済できなくなっていることにもなりかねません。

安易にお金を借りる習慣だけは身につけないようにすることと、確実に返済することがとても重要です。

ブラックリストに載っていてもお金を借りられるのか

クレジットカードの申込みを断られたり、ローンを組みたいのに審査に通らない、複数の消費者金融から借入れを断られたなどの経験をした場合、ひょっとすると、個人信用情報機関に事故情報が記録されているかもしれません。

お金を借りたにも関わらず、返済期日までに入金せず3回以上遅延したり、長期間延滞したままだったり、代位弁済をしたり、任意整理や自己破産など債務整理の手続きを行った場合、信用を著しく損ねる行為と見なされてしまい、いわゆる、ブラックリスト入りの状態になってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、その期間は、新たな借入ができなくなります。

例えば、自動車ローン、住宅ローン、ショッピングローン、クレジットカードなどの利用ができないため、一定期間は不便な生活をすることになります。

どういった経緯でブラック入りになったのかにもよりますが、3か月以上の延滞が5年間、任意整理が5年間、自己破産が5年から10年間と、最低でも5年から10年程度は事故情報が個人信用情報機関に登録されています。

一定期間が経過すれば、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることもできるようになります。

ブラックリストに載ったからといって、就職に不利になったり、勤務先に知られてしまうなどはありません。

家族や親せきに悪影響を及ぼすこともありません。

しかし、銀行などの金融機関に勤務している場合は仕事への影響は全くないとは言い切れません。

借入れができないだけなので、それほどダメージを感じないかもしれませんが、5年から10年もの間、ローンを組めず、クレジットカードも使えないというのは、かなり不便ですし、困ることもあります。

これまで借金ばかりをしてきた人が収入の範囲内で生活をやりくりするのは大変なことです。

ブラックリストに載ると、社会的な信用も失ってしまいます。

やはり、返済はきちんと行い、信用情報に傷をつけないようにするほうが賢明です。

初めてのキャッシング、お金を借りる方法について

人生では、ときにお金がなくて苦しい状況に立たされることがあります。

不思議とお金がないときに限って、急な出費が続いたり、大きな買い物をしなければならないことが起こりがちです。

この苦境の乗り切り方次第で未来は大きく変わってきます。

貯蓄がない場合は、お金を借りることが次へのステップアップへの近道になるという考え方があります。

「借金も財産のうち」という言葉がありますが、これは借金をバネに努力をするという意味合いで、成功している人が口にする言葉でもあります。

お金を借りるには、まずは「誰から借りるか」をよく考えなければなりません。

お金を借りる方法として一般的なのが、家族や友人から借りる、銀行から借りる、消費者金融から借りる、銀行のカードローンを利用するなどがあります。

お金が必要なときの多くは緊急性が高いことが多々あります。

家族や友人から借りるのは、信頼関係にヒビが入る可能性があるため、あまりおすすめはできません。

すぐに借入れできる方法は、やはり消費者金融から借りることです。

消費者金融に対してあまり良いイメージを持っていない方もいますが、即日融資可能、審査が通りやすくて早い、自宅で申込みから借入れまですべてできるなど、すぐ必要な方のニーズに応えていると言えます。

確かに銀行と比較すると、金利が高いですが、銀行の場合は審査結果が出るまで時間がかかることが多く、即日融資を期待することは難しくなります。

審査基準が消費者金融よりも厳しいため、断られてしまうこともあります。

どちらにせよ、お金を借りるときは計画性を持つことが大切です。

無計画に借りてしまうと、最悪の場合、任意整理や自己破産をするしか方法がなくなることにもなりかねません。

ブラックリストに載ってしまうことで、ローンが組めず、クレジットカードも利用できず、何かと不自由になります。

いくらまでなら確実に返済できるのかをよく考えた上で借りることが大切です。