幅広い客層に人気の楽天銀行カードローンについて

楽天銀行株式会社は、国内で2番目に誕生したネットバンクで、開業時から同行間の振込手数料が無料であることが特徴です。

楽天株式会社の子会社になりますが、元はイーバンク銀行株式会社という名称で、楽天に買収後、2010年5月に楽天銀行株式会社と商号変更しています。

楽天銀行カードローンは、銀行カードローンでありながらネット銀行のメリットを十分に活かしており、ネット申し込みが可能です。

最大限度額は500万円で、おまとめ・乗り換えやお子様の教育資金、資格取得の自己投資などさまざまな用途でご利用可能です。

ネットだけではなく、ケータイやスマートフォンからでも24時間利用でき、コンビニ・ATMでも利用可能です。

また、金利も4.9から14.5%という低金利で、2013年1月より個人事業主および法人代表者の方以外は、限度額200万円までであれば、収入証明書が原則不要、面倒な書類の準備が不要になりました。

楽天銀行カードローンは審査も比較的早く、最短当日というかなりスピーディーな対応ができます。

主婦専用のプランも充実していて、専業主婦の方は、入会金・年会費が無料、1000ポイントがプレゼントされます。

金利半額のキャンペーンなどもあり、楽天会員になればパートやアルバイトの方でも申し込めます。

主な審査の基準は、満20歳以上60歳以下であること、外国籍の方は永住権を持っていること、原則配偶者の収入も含めて安定した収入があることです。

他社と比べると収入証明書が原則不要で、申し込める顧客層が幅広いため、審査に通り安い傾向にあり、カードが作り安いため、無計画に利用してしまう方が多いのも事実です。

たった1回だけでも短期間で延滞を繰り返した場合や返済期日から3か月以上返済できない場合、ブラックリストに載ってしまいます。

楽天銀行でも、他社でもブラックの方は審査は通らないのでブラックにならないように、返済の計画をきちんと立てた上でサービスを利用することが大切です。