銀行からお金を借りるメリット・デメリット

お金を借りることができる業者を調べていると、検索結果の中に銀行系の消費者金融会社と、銀行キャッシングという言葉が表示されると思います。

銀行系の消費者金融は、あくまでも消費者金融から借入れをすることであって、銀行が直接キャッシングをしているわけではありません。

これに対し、銀行キャッシングとは、銀行からお金を借りることで、貸し主が銀行になります。

よく、「銀行のキャッシングなら安心」という言葉を耳にすると思いますが、これは銀行キャッシングのことを言っています。

銀行キャッシングのメリットは、総量規制の対象外であることです。

総量規制とは年収の3分の1までしか借入れができないという規則ですが、これは消費者金融や信販会社での借入れのみに適用されます。

つまり、銀行キャッシングなら、より高額な融資を受けることができます。

さらに、消費者金融よりも金利が低いため、年利が低くなり、長期的に返済する場合に、消費者金融のように利息ばかりを支払い続けて元金が減らないといったことにはなりにくい傾向があります。

高額融資ができ、低金利という点では銀行キャッシングはすばらしいと思いますが、デメリットもあります。

それは、審査結果が出るまでに時間がかかることです。

消費者金融の審査は、「最短30分」など審査が早く、即日融資が可能なことが多いですが、銀行から借り入れることから審査基準が厳しく設定されています。

銀行が指定する年収や勤続年数などがないと、審査には通りませんし、ブラックであればほぼ絶望的と言ってもよいでしょう。

銀行キャッシングでは即日融資ができることが少ないため、急を要する場合には適していません。

メリット・デメリットのある銀行キャッシングは、その特徴をしっかりと把握した上で利用するとよいでしょう。

銀行によって、金利やサービスが異なるため、銀行を選ぶ際はできるだけ金利が低くてサービスが充実している銀行を探すことをおすすめします。