自己破産でブラック入りした場合のデメリット

「自己破産するとブラックリストに載る」とよく言われていますが、これは信用情報機関に金融事故として登録されるということを意味します。

自己破産とは、お金を借りすぎてしまったことが原因で返済不能に陥ってしまった人が、法律の力を借りて、その人が所有する最低限度のものを除いたすべての財産を借入れ先に分配することで、借金を帳消しにしてもらうことです。

自己破産をすると、財産をすべて取られてしまう、引越しも旅行もできなくなる、会社をクビになってしまう、人生そのものが終わるなどといった誤解がありますが、決してそうではなく、「人生をもう一度やり直すチャンスをもらう」ということです。

確かに自己破産は最終手段ではありますが、人生が終わってしまうほどの絶望的なものではありません。

ただし、自己破産をすると、信用情報機関にその事実が登録されてしまい、クレジットカードやローン、キャッシングなどお金に関する申し込みはすべてできなくなります。

仮に申し込んだとしても100%の確率で審査に落とされます。

国内の信用情報機関は、日本信用情報機構、CIC (シーアイシー)、全国銀行個人信用情報センターなどがあります。

これらの信用情報機関に自分の登録状況の閲覧を申請することができます。

自己破産でブラック入りしてしまうと、新たな借入ができなくなるデメリットだけではありません。

これまで築きあげてきた財産のほとんどを失ってしまいます。

例えば、自宅、車、宝石類などの貴金属などは差し出す必要があります。

残るのは生活に必要な最低限のものだけになります。

また、保証人付きの借金をしている場合は、その請求はすべて保証人にいきます。

キャッシングやカードローンであれば誰にも迷惑かけませんが、保証人がいる場合はその人に多大な迷惑をかけてしまいます。

自己破産してブラックになると借金はチャラになりますが、それでもマイナスのほうが圧倒的に多くなるため、計画的な利用は必要不可欠です。