無職の人でもお金を借りる方法について紹介

リストラや転職活動中で無職であったとしても、生きていくために最低限のお金が必要です。

無職になると手元にお金がないことが多くなり、キャッシングを利用して仕事が見つかる間まで何とかしのげないかと思うものです。

しかし、キャッシングを利用するには、安定した収入がないと申し込めないと思い、最初から諦めてしまったり、審査を受けることを躊躇する人がたくさんいます。

そもそもキャッシングはお金がない人に貸付するものではありますが、キャッシング会社によっては無職の場合は審査に通らないことがあります。

より審査に通りやすくするためには、無職でなくしてしまうことがおすすめです。

無職でなくなる方法の一つ目は、アルバイトやパートをすることです。

世の中には無職と言いつつも、コンビニや工場などでアルバイトをしている人がたくさんいます。

この場合は、厳密には無職ではなく、「フリーター」になります。

週2日勤務だったとしても、勤めているため無職とは言えません。

申込みフォームの雇用形態欄にフリーターと入力して申請するだけで、無職よりも格段に審査に通りやすくなります。

ちょっとでも働くことがポイントです。

二つ目は、個人事業主になることです。

例えば、インターネット上で小物や雑貨類などを販売している場合は、自営業者になります。

小銭を稼いでいる程度であったとしても、個人でネットビジネスをしていることには変わりがありません。

勤務先名は何か会社名をつけて、勤務先の電話番号は自宅の番号を入力しておくことで、自宅に勤務先照会の電話がかかってくるだけなので、電話に出れば特に問題はありません。

ここで紹介した二つの方法を試してみるだけでも、100%確実とは言い切れませんが、審査に通る可能性を上げることができます。

ただし、ブラックの方は、無職ではなく安定した収入がある仕事に就いていたとしても、キャッシングの審査に通ることは限りなく不可能に近くなります。