消費者金融からお金を借りた私の体験談を紹介

ここでは私の消費者金融からお金を借りた体験談について紹介します。

私は都内で働く会社員です。

職場の飲み会やクライアントとのお付き合いが多く、給料日前に限って飲み会が増えるため、これまで資金繰りに頭を悩ませていました。

これまで何度かお金がないことが理由で大切なクライアントとの食事会を断ったことがあり、これをきっかけに、思い切ってローンカードを作っておくことにしました。

どこでローンカードを作るか悩んだのですが、少しでも返済の負担を少なくしたいという思いから、銀行のローンカードを選びました。

銀行と消費者金融とで迷ったのですが、消費者金融のカードローンは即日融資可能で利便性は高いものの、銀行よりも金利が高く設定されていたので、私は迷わず銀行のローンカードにしたのです。

ネットで評判のよい銀行のローンカードを探し、必要書類を調べたとこと、運転免許証と印鑑を持参すれば手続き可能でした。

銀行のカードローンの審査と言えば、「時間がかかる」「審査基準が厳しい」とよく言われるので心配していましたが、翌日には審査に通った連絡があり、すぐにカードを発行してもらえることになりました。

カードを発行してから数日後、急にクライアントの方と飲みに行くことになり、お金がなかったため、早速ローンカードを使ってみました。

24時間いつでもコンビニATMで手数料無料で使えるカードなので本当に便利でした。

銀行のカードローンは消費者金融のように即日融資は難しいため、前もって申し込んでおくと、もしものときでも焦る必要がありません。

ただ、すぐに借入れできるため、借金をしているという罪悪感が薄くなりがちです。

「借金している」という事実を忘れないことが大切だと思います。

カードローンサービスを利用して無計画に借りていると気がついたときにはブラックリストに載る可能性も秘めています。

お金を借りる怖さをよく自覚して、返済日を守って利用することが大切です。