未成年であってもお金を借りられる方法とは

「友人との付き合いで出費が増えてしまい、お金がなくなった」「アルバイトの給料日前でお財布がピンチなのに、コンパに誘われた」などお金がなくて困るのは、大人も未成年の方も同じです。

お金がないと本当に不便ですが、未成年の方は銀行や消費者金融などからお金を借りることができるのでしょうか。

一般的に、ほとんどの銀行や消費者金融では、満20歳以下の未成年との契約はできないと法律で定められています。

仮に未成年が契約をした場合、保護者が契約を破棄してもよいと法律で認められています。

そのため、未成年が契約してお金を借りていたとしても、保護者が契約破棄にしてしまうことは避けたいため、銀行や消費者金融は原則として満20歳以上の人に貸付をしています。

しかし厳密に言うと、未成年でもお金を借りることができます。

一つ目は、学生ローンです。

学生ローンは学生であることを前提にしたローンであるため、18歳以上から借入れができます。

ただし、アルバイトをしていることが条件になるローン会社もあるため、事前に申込み条件を確認しておくことです。

また、未成年であるため、保護者の同意が必要になります。

二つ目は、未成年から成年になることです。

成年になるとは、結婚するということです。

日本の法律では、満20歳以下であったとしても、結婚をすれば成年と見なされます。

法律では男性は18歳、女性は16歳で結婚ができるため、この年で結婚をすれば成年になり、お金を借りることができます。

このどちらかの条件に当てはまるからといって、借入られるとは限りません。

未成年であっても、過去に延滞や債務整理の手続きをした経験がある場合、つまり、ブラックリストに載っているのであれば、ブラック期間中は審査には通りません。

自分の個人信用情報の登録内容が気になる方は、申請すれば自身の信用情報の閲覧ができます。

心当たりがある方や心配な方は、調べておくのもおすすめです。