店舗やネットでお金を借りることができるのか

急にお金が必要になった場合、即日融資可能かどうかを基準に消費者金融を探す人がほとんどですが、急いでいる場合は今すぐにお金を手にしたいと誰しも思うものです。

最近はほとんどの消費者金融で即日融資ができるようになり、条件を満たしていれば誰でも申し込むことができます。

ほどんとの消費者金融では、パートやアルバイトでも安定した収入があること、満20歳以上であること、他者への借入れ件数が多すぎないこと、借入れ総額が年収の3分の1を超えていないこと、過去に金融事故がないことというのが最低限の条件になります。

金融事故とは返済日になっても支払わない延滞、代位弁済、自己破産・民事再生・任意整理などの債務整理の手続きを行うことで、個人信用情報機関の特記事項欄に「事故」として事故情報の詳細が記録されます。

事故情報が記録されてしまうことを「ブラックリストに載る」とも言います。

個人信用情報機関に事故情報が登録されていると、どんなに安定した収入があっても、勤続年数が長くても、持ち家であっても借入れができなくなります。

しかも、登録期間は5年から10年と比較的長くなります。

長期間社会的な信用を失った状態で、新たなローンが組めず、クレジットカードも利用できず、現金払いしかできないというのは苦痛なことです。

そのため、お金を借りる際は、返済不能に陥らないように計画的な利用を心がけることが重要です。

お金を借りるには、インターネットや店舗窓口、郵送などで申し込むのが一般的です。

店舗申込みの場合、運転免許証や健康保険証などの身分証明書と希望する借入れ額によっては源泉徴収票など収入を証明する書類が必要になります。

店舗であれば審査、本人確認、カード発行と一連の手続きがすべてできるため、即日融資を受けたい方やすぐにカードが必要な方に特におすすめです。

ほぼすべての消費者金融は、店舗やインターネットなど都合のよい方法で借入れができます。