危険がいっぱい、ブラックでも借りれる消費者金融

一般的なブラックとは、延滞や債務整理などを行ったため、借り入れできない状態を言います。

ブラックでも借りられる消費者金融業者は存在し、ヤミ金と言われ、フリーローンやサラ金といった呼び方をすることもあります。

ヤミ金は、特に資金使途は制限がなく、事務所に出向くか、電話で連絡をとり、返済は現金持参か口座振込をするのが一般的です。

合法的な大手消費者金融では、ブラックユーザーは受け付けていません。

2007年に貸金業法が改正により、多くの合法的な業者は、経営難に陥り廃業しました。

ヤミ金は2007年以前に比べると業者数はかなり減っていますが、ブラックでも合法で借りられる業者も存在します。

一方、ヤミ金については、通常の手段ではお金を借りられない人が多く、今だ世の中のニーズもあるためその勢力は衰えていません。

借りる際、一番気をつけなければならないことは、気がつかないでヤミ金に手を出してしまうことです。

ブラックの方はだいたい借金に追われている状態でどこも貸してくれないと余裕がありません、一刻も早くと計画はもちろん、金融業者の下調べもしません。

結果、ヤミ金の利息で借入れ、別のヤミ金でも返済のために借り入れることで多重債務に陥ってしまいます。

お金を借りる消費者金融を自分で探そうと思った場合、ヤミ金の区別はどこで見分ければ良いのでしょうか。

ヤミ金業者によっては合法的な消費者金融に似せて、工夫しているのでひと目で判断はできません。

一番確実な方法は、正規の登録業者ですので、金融庁ホームページに登録貸金業者情報検索機能がありますので、検索結果にヒットする業者であれば正規登録の消費者金融ということになります。

いずれにせよ、ブラックになってしまった方は、無計画に安易にお金を借りてしまっています。

良心的な消費者金融を見つけたとしても、再度同じ過ちを繰り返さないためにしっかりとした返済計画を立ててから利用しましょう。