事前に知っておきたいお金を借りるデメリット

「給料日前で生活費がピンチ」「支払いが続いてしまい、家計がピンチ」などお金に困ったときに何かと役立つサービスと言えば、キャッシングやカードローンです。

消費者金融からお金を借りる場合、即日融資ができることが多いため、今すぐお金が必要なときは本当に助かります。

インターネットから申込みができ、審査結果が出るのが数十分から長くても数時間程度と早く、近くのコンビニATMや提携ATMで返済ができ、限度額の範囲内であれば何度でも借入れOKなのでとても便利です。

借りたいときにお金が借りられるのはメリットですが、デメリットもあります。

お金を借りる最大のデメリットと言えば、利息です。

消費者金融によっては無利息キャッシングサービスを行っているところもありますが、一定期間を過ぎてしまうと利息が発生します。

期間内に完済できるのであれば特に問題はありませんが、お金を借りる場合は基本的に利息を支払う必要があります。

何回かお金を借りているうちに、借入れそのものに慣れてしまい、借金に対する抵抗感が少なくなってしまう傾向があります。

そうなると限度額いっぱいまで借りてしまったり、もっと借りるために限度額が増やせないかローン会社に相談しようとする人もいます。

結果的に、返済期間が長くなり、利息も膨れ上がってしまい、多額の借金がなかなか減らないという状況に陥ってしまう可能性があります。

最悪の場合、債務整理をするしか解決法がなくなってしまい、ブラックリストに載ってしまうことになります。

ブラック入りすると、新たな借入れや新規クレジットカード加入ができなくなります。

人生の中では、住宅購入やマイカー購入などローンを組む必要性があることもあります。

そんなときに現金払いしかできないというのは大きなデメリットになります。

事前にお金を借りるメリット・デメリットをよく考えた上で借入れをすることが大切です。

具体的な返済プランを立てておくことがポイントです。