ローンに関する謎、本当にブラックでも借りれるのか

借金が気がついたときには大きくなりすぎていることは誰の身にも起こりうることです。

ブラックでも借りれる消費者金融は本当に存在するのでしょうか。

貸金業法が改正されたことにより、法律に基づいて運営されている金融機関では、借入可能額は年収の3分の1までという総量規制が設けられました。

一方で、法律に基づいて運営されていないヤミ金業者は、総量規制に関係なく融資を受けることができますが、取り立てが過酷になります。

以前は、ブラックでも融資OKな正規のキャッシング業者があり、消費者金融の口コミサイトでも評判が良かったのですが、貸金業法が改正されたことにより、これまでブラックの方に融資していた消費者金融でも、キャッシング審査の対象外になってしまいました。

しかし、中には、債務整理によるブラックは審査対象に含まれている消費者金融もあり、「債務整理後に完済している方、かつ、正社員として働いていること」という状態であり、消費者金融が定める条件を満たす場合は融資を受けることができる場合があります。

しかし、自己破産・任意整理中・延滞などの理由で金融事故経験者になってしまった場合、新たな借入れを試みることはおすすめできません。

ブラックになったということは、それ相当のことをしたため信用情報機関に事故歴が記録されたということです。

本来は借入れができないはずなのに、何かしらの方法で新たに借入れすることで、借りたときはいいかもしれませんが、返済ができなくなるのはかなりの確率で起こりうることです。

ブラックになってしまったら、無理に借入れをしようとするのではなく、カードローンやキャッシグに頼らなくてもよい習慣を身につけることが先決です。

借金癖があると繰り返すとも言われています。

借金癖は病気でもあるため、まずは根本的に治療を行うことから考えなくてはいけません。

ブラックでも借りたいと思わないこと、自分のお金の使い方を今一度見直すことが大切です。