ブラックリストに載っていてもお金を借りられるのか

クレジットカードの申込みを断られたり、ローンを組みたいのに審査に通らない、複数の消費者金融から借入れを断られたなどの経験をした場合、ひょっとすると、個人信用情報機関に事故情報が記録されているかもしれません。

お金を借りたにも関わらず、返済期日までに入金せず3回以上遅延したり、長期間延滞したままだったり、代位弁済をしたり、任意整理や自己破産など債務整理の手続きを行った場合、信用を著しく損ねる行為と見なされてしまい、いわゆる、ブラックリスト入りの状態になってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、その期間は、新たな借入ができなくなります。

例えば、自動車ローン、住宅ローン、ショッピングローン、クレジットカードなどの利用ができないため、一定期間は不便な生活をすることになります。

どういった経緯でブラック入りになったのかにもよりますが、3か月以上の延滞が5年間、任意整理が5年間、自己破産が5年から10年間と、最低でも5年から10年程度は事故情報が個人信用情報機関に登録されています。

一定期間が経過すれば、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることもできるようになります。

ブラックリストに載ったからといって、就職に不利になったり、勤務先に知られてしまうなどはありません。

家族や親せきに悪影響を及ぼすこともありません。

しかし、銀行などの金融機関に勤務している場合は仕事への影響は全くないとは言い切れません。

借入れができないだけなので、それほどダメージを感じないかもしれませんが、5年から10年もの間、ローンを組めず、クレジットカードも使えないというのは、かなり不便ですし、困ることもあります。

これまで借金ばかりをしてきた人が収入の範囲内で生活をやりくりするのは大変なことです。

ブラックリストに載ると、社会的な信用も失ってしまいます。

やはり、返済はきちんと行い、信用情報に傷をつけないようにするほうが賢明です。