ブラックでもATMでお金を借りることができるか

「急な出費で困った」「給料日まで生活が苦しい」「急にクライアントと飲みに行くことになった」など人生の中で、お金が急に必要になることはよく起こりがちです。

そんなときにキャッシングは心強い味方ですが、キャッシングは申し込み手続きが実に簡単にできます。

パソコンやケータイ、スマートフォン、電話、自動契約機、店頭窓口などお好みによって選ぶことができ、必要なものは運転免許証や健康保険証などの身分証明書、場合によっては源泉徴収票や収入を証明する書類、住民票や印鑑証明などです。

身分証明書の写真を指定されたアドレスに送信することもでき、わざわざ店舗に出向くことなく、申し込みから借入れが自宅のパソコンでもできます。

ほとんどの消費者金融では、借入れや返済は全国各地にある提携ATM、コンビニATMなどが利用できるため、お金が必要になったらいつでも借入れができ、返済日や資金に余裕があるときはいつでもお金を返すことができます。

キャッシング利用者のほとんどが利用するATMは、消費者金融によってはすべてのATM利用手数料が無料なこともあり、提携ATMの数を増やし続けている会社もたくさんあります。

利便性が高いキャッシングですが、信用情報機関に事故情報が登録されている人、すなわち、ブラックの方は、キャッシングの利用はできません。

銀行の預金口座を開設して、ATMで預入・引落しをすることはできますが、キャッシングやカードローンの利用などはすべてNGになります。

信用情報機関の事故情報が消えてしまえば、新たにキャッシングを利用できるようになり、ATMで借入れ・返済ができるようになりますが、事故情報が消えるまでには、事故情報の内容にもよりますが、最低でも5年から10年程度は必要になります。

ブラックになってしまうと、何かと生活する中で不便を感じてしまいます。

ブラックは絶対的にならないほうがよいです。

キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。