ブラックでも対応してくれる消費者金融会社

「ブラック」という言葉は誰もが知っていますが、ブラックとは、過去に任意整理や自己破産などの債務整理などで金融事故を起こしたことのある方のことです。

「ブラックリストに載っている」とよく言われますが、実際はブラックリストというリストは存在しているわけではありません。

金融事故は、個人信用情報機関に最低7年から10年は記録されると言われ、すべての金融機関で審査の際に個人信用情報を閲覧し、融資の可否を判断します。

ブラックであると、銀行、信販会社、消費者金融のほぼすべてで借入れができません。

しかし、ごく一部の消費者金融では、過去の事故、つまり、ブラックであることを承知した上で貸付を行っています。

これらの消費者金融は、正規の登録がされ、貸金業法を守った上で営業をしている業者と、悪質な業者とがあります。

悪質な業者とそうでない業者を見分けるのはなかなか難しいのが現状です。

ブラックの方が融資を受けられない大手の消費者金融の審査はシステム化されているのが一般的ですが、ブラックの方でも融資可能な消費者金融は、通常の審査も行いますが、申込者の現状や人間性などを判断材料にすることもあります。

審査の際に、一般的な消費者金融の審査では聞かれないことを質問されたり、場合によっては提出しなければならない書類もあります。

また、自己破産や任意整理経験者や過払請求経験者への対応が異なることもあり、業者によって実にさまざまです。

審査を行う担当者によって審査結果が異なることもあります。

ブラックの方でも融資可能な消費者金融で借り入れる場合は、本当に必要な借入れであるのか、確実に返済ができるのかをよく考えることが必要不可欠です。

また、トラブルになる可能性がないとは言い切れません。

本来はブラックの方は新たに融資を受けることができません。

借金を再び抱え込んでしまわないためにも、できることならサービスを利用しないほうが賢明です。