パートやアルバイトでもお金を借入れできるのか

パートやアルバイト収入しかないと、お金を借りられないと思っている方は意外とたくさんいます。

実はほとんどの消費者金融では、パートやアルバイトの方でも安定した収入がある方であれば、主婦であってもお金を借りることができます。

もちろん、低金利である銀行からお金を借りる場合は、消費者金融よりも審査基準が厳しく設定されているため、確実に借りることができるとは言い切れません。

しかし、消費者金融であれば、正社員や契約社員など「社員」として勤務していることが必須条件ではないため、ボーナスがなくても、派遣スタッフとして働いていても、定期的な収入があれば、ブラックリストに載っていない限りはお金を貸してもらえることがほとんどです。

ただし、パートやアルバイトの方は、そうしても社員や契約社員の方よりも給料が少なくなりがちです。

そのため、利用可能限度額が少なく設定される可能性が高くなります。

例えば、正社員であれば限度額100万円であるところ、パートやアルバイトの方の限度額が30万円になる、ということはありがちです。

審査ではどの程度収入があるか、勤続年数はどれくらいか、過去に金融事故を起こしていないか、返済能力はあるか、他社の借入れ額と件数はどの程度か、などをチェックしていきますが、パートやアルバイトに限らず、初めて利用する方は信用歴がないため、一般的に利用限度額は少なめに設定されることがほとんどです。

アルバイトであっても多額の借入れをしたい場合や、将来的にたくさんのお金が必要になることが分かっている場合は、毎月返済期日前にきっちり支払うことで信用度をアップさせておき、半年から1年後に限度額を増やせないか相談してみるのもよいでしょう。

パートやアルバイトだからといって、お金を借りることを諦める必要はありません。

計画的な利用を心がければ特に問題ありません。

確かな消費者金融会社を選んで、お金を借りるようにしましょう。