クレジットカードでお金を借りられないとき

買い物をするときに、クレジットカードを一枚持っていれば、多額の現金を持ち歩く必要がないため、非常に便利です。

クレジットカードは、普段のショッピング、公共料金の支払い、通信販売の利用、大きな買い物をする際、海外旅行など日常のありとあらゆるシーンで欠かせないアイテムです。

特に、海外旅行では、現金をたくさん持ち歩くと強盗やスリに遭う可能性が高くなるため、安全のためにクレジットカードは必需品です。

クレジットカードは買い物や支払いに使うものという認識が一般的ですが、お金を借りることができるキャッシング機能も付いています。

クレジットカードは契約時に利用限度額が設定されます。

利用限度額の範囲内であればお金を借りることができます。

例えば、限度額が40万円の場合、カードショッピングで15万円使ったとすると、25万円までキャッシングができるということです。

キャッシングサービスを利用すると、翌月のカードショッピングで利用した金額と一緒に請求されます。

支払方法は一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどから選べます。

ただし、キャッシングサービスを利用すると利息が発生します。

あらかじめ金利を確認しておき、最低限必要な金額だけを借入れることが大切です。

クレジットカードは一見すると、とても便利ではありますが、キャッシングサービスを利用したら、支払方法には注意が必要です。

リボ払いは毎月一定額を支払っていくため、返済プランが立てやすいというメリットがありますが、借金をしているという感覚が薄れてしまうことがあります。

借入れ額が大きいと利息ばかりを返済し、肝心の元金がなかなか減らないというケースもあります。

そのため、一括払いで支払ってしまうのが理想的といえます。

クレジットカードキャッシングはブラックリストに載ってしまうと利用できなくなります。

計画的な利用はもちろんのこと、お金を借りる癖をつけないことが重要です。