お金を借りるときに審査に確実に通るためには

お金を借りるには、自分のため、家族のため、子供のため、などさまざまな理由がありますが、せっかく借入れをするのであれば、確実に審査に通過したいものです。

銀行、農協、クレジット会社、消費者金融などの金融機関によって審査基準は異なりますが、基本的な審査項目は共通しています。

どんな条件を満たしていれば、審査により確実に通るのでしょうか。

一つ目は、嘘の申告は絶対にしないことです。

審査に通りたいがために、虚偽の申告をしてしまうと、申込みの時点で信用がなくなってしまいます。

審査項目の最も需要なポイントである収入を多めに申告したり、雇用形態を偽ったり、他社への借入れがあるにも関わらず、「無し」と書いて申告したとしても、個人信用情報機関の登録内容を照会すれば、嘘の申告をしたことが明らかになります。

二つ目はブラックリストに載っていないことです。

過去に延滞や代位弁済、任意整理、自己破産などを行った経験がある場合、信用情報に事故として登録されています。

事故情報が登録されている限りは、お金を借りることやクレジットカードを作ることも不可能になります。

だいたい5年から10年程度はブラックリストに載るため、お金を借りるのであれば登録が消えてからになります。

三つ目は収入や勤務先、勤続年数など基礎的な情報です。

収入は安定していることが第一に必要になります。

毎月ある程度の収入があるということは、返済能力があるという証として見なされます。

さらに、勤務先は公務員や大手の会社などが有利になりやすい傾向があります。

しかし、中小企業であっても特に問題はありません。

肝心なことは、勤続年数です。

勤め始めて最低でも1年以上はないと審査に通りにくくなります。

この他にも、住宅状況や家族構成、他社の借入れ件数なども審査基準になります。

自身の信用情報を確認し、マイナス点がないか確認しておくのもおすすめです。

これだけでも審査に通りやすくなります。