ブラックでもお金を借りることができるのか

「ブラック入りしている」というのはどういうことでしょうか。

通常、銀行や信販会社、消費者金融などで借り入れを申し込むと、審査があります。

審査では、申込者の職業や収入、勤続年数、過 去を含む現在の借入れ状況と返済状況などの個人信用情報機関の記録を参照されます。

審査基準を満たさない場合は、審査に落ちてしまい、融資を受けることができません。

審査基準は、借入れ先 の業者によってさまざまで、どんな基準であるかは一般公開されていません。

しかし、自己破産や任意整理など債務整理を行った場合は、最低でも7年から10年間は個人信用情報機関に事故として記録されます>。

この記録されている状態のことを「ブラック入りしている」と一般的に言い表します。

ブラック入りしていると、大手銀行や消費者金融で融資を受けることは不可能です。

さらに、 新たにクレジットカードを作ることもできません。

たとえ、延滞や遅延などの理由で契約解除になり、完済したとしても、ブラック入りしている限りは新たなローンはできません。

また、うっかり 返済し忘れてしまうことを何回か繰り返してもブラック入りしてしまいます。

利用者にとっては「たったそれだけのこと」かもしれませんが、ブラックの人への制裁はとても厳しくなります。

場合 によっては、利用中もクレジットカードのキャッシング枠や毎月の利用可能限度額の設定を下げられてしまったり、キャッシングができなくなることもあります。

一度ブラック入りしてしまうと、ほとんどの銀 行で事故歴が残っていると考えてほぼ間違いありません。

個人信用情報は金融機関内で出回っているため、調べたらすぐに分ります。

つまり、ローンが組めず、キャッシングも利用できないため、 すべて現金払いにするしかありません。

現金払いのみというのは、思っている以上に不便です。

ブラック入りすると何もよいことはありません。

ブラックの仲間入りをしないように返 済は確実に行うことが大切です。

ブラック、自己破産者でもお金を借りる方法はあるか

ブラックでもお金を借りる方法はあるのでしょうか。

ブラックと言えば、ブラックリストを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は、世の中に「ブラックリスト」と呼ばれるものは存在しません。

しかし、個人信用情報機関では、ローン利用者の借入れ状況や返済状況、借入れ件数などが詳しく記録され、延滞や遅延、任意整理、自己破産についても記録されています。

いつしかこの記録のことを「ブラ ックリスト」と呼ぶようになり、今では多くの人に知れ渡っています。

国内には、数多くの金融機関がありますが、基本的に一度ブラックになってしまう、つまり、個人信用情報機関に事故歴が記録されてしま うと、キャッシングやカードローンの利用は厳しくなります。

最低でも7年から10年程度は記録が残るため、その期間はローンを申し込んだとしても審査に通ることはかなり厳しく、通過しないと言っても過言>ではありません。

もちろん、どのような事故なのかにもよります。

例えば、同じブラックであっても、期日までに返済し忘れてしまったが最終的に完済した人と、自己破産をした人とではブラック の度合いが大きく異なります。

自己破産をした人では、たとえ年月が経ったとしても、大手の銀行や消費者金融での借入れはほぼ100%不可能に近いと言えます。

仮に、自己破産をしてから10年経>過していたとしても、全ての記録がなくなるわけではありません。

そのため、ブラックの方がお金を借りるのはかなり難しいと言うのが現状です。

よくインターネット上に自己破産後7年から10年>程度経過すれば、融資を新たに受けられる、クレジットカードも作れるようになるという情報がありますが、これらの情報には信憑性がありません。

一度ブラックになってしまうと、社会的な信用を大きく失っ ているという状態に陥ります。

そこから信用を回復するのは一生できないかもしれないと言われているくらいです。

ブラックになったら、お金を借りれませんし、借りようとすること自体が間違っ ていると認識しなければいけません。

お金に関する豆知識、ブラックリストとは何か

「ブラックリストに載ってしまったから、クレジットカードを作れない、新たなローンが組めない」ということを聞いたことがある人は多いと思います。

ブラックリストというと、何か特別なリストではないか と想像してしまいがちですが、信用情報機関に登録されている過去の金融に関する事故歴とその詳細のことを、ブラックリストと呼んでいるだけです。

金融に関する事故歴というのは、キャッシングやカードロ ーンなどで借り入れたお金を返済期日までに支払わないで、滞納や遅延したときの記録や、任意整理、自己破産、失踪など返済に関して何かしらの支障や問題があったときの情報のことです。

ブラックリストに 登録されてしまうのは、任意整理や自己破産、失踪をした場合はすぐに記録されますが、短期間でたびたび延滞を繰り返した場合や返済期日から3か月経過しても返済していない場合にも登録されてしまいます。

信用情報機関に事故歴が登録されてしまうと、これまで使用していたクレジットカードが利用停止になり、新たなクレジットカードの契約や住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、他社のカードローンなどありとあらゆ>るローンを組むことができなくなります。

ブラックになってしまうと、場合によってはその家族もカードが使えなくなったり、利用限度額がこれまでよりも減らされてしまう可能性もあります。

こ れは、カード審査の際に家族情報も信用情報機関で確認できるためです。

ブラックリストに登録されてしまうと、原則として、延納や遅延の場合は5年間、任意整理や自己破産などの債務整理の場合は7年から10年間は記録が残ります。

記録が残っている間はどこの消費者金融からもお金を借りれないことだけでなく、社会的な信用を大きく失ってしまいます。

ローンを利用している人は、ブラックリストに 載ってしまわないように、計画的な利用を心がけることはもちろんのこと、返済期日は必ず守って利用することが大切です。

店舗やネットでお金を借りることができるのか

急にお金が必要になった場合、即日融資可能かどうかを基準に消費者金融を探す人がほとんどですが、急いでいる場合は今すぐにお金を手にしたいと誰しも思うものです。

最近はほとんどの消費者金融で即日融資ができるようになり、条件を満たしていれば誰でも申し込むことができます。

ほどんとの消費者金融では、パートやアルバイトでも安定した収入があること、満20歳以上であること、他者への借入れ件数が多すぎないこと、借入れ総額が年収の3分の1を超えていないこと、過去に金融事故がないことというのが最低限の条件になります。

金融事故とは返済日になっても支払わない延滞、代位弁済、自己破産・民事再生・任意整理などの債務整理の手続きを行うことで、個人信用情報機関の特記事項欄に「事故」として事故情報の詳細が記録されます。

事故情報が記録されてしまうことを「ブラックリストに載る」とも言います。

個人信用情報機関に事故情報が登録されていると、どんなに安定した収入があっても、勤続年数が長くても、持ち家であっても借入れができなくなります。

しかも、登録期間は5年から10年と比較的長くなります。

長期間社会的な信用を失った状態で、新たなローンが組めず、クレジットカードも利用できず、現金払いしかできないというのは苦痛なことです。

そのため、お金を借りる際は、返済不能に陥らないように計画的な利用を心がけることが重要です。

お金を借りるには、インターネットや店舗窓口、郵送などで申し込むのが一般的です。

店舗申込みの場合、運転免許証や健康保険証などの身分証明書と希望する借入れ額によっては源泉徴収票など収入を証明する書類が必要になります。

店舗であれば審査、本人確認、カード発行と一連の手続きがすべてできるため、即日融資を受けたい方やすぐにカードが必要な方に特におすすめです。

ほぼすべての消費者金融は、店舗やインターネットなど都合のよい方法で借入れができます。

キャッシングの際に店舗を利用するメリット

最近は、パソコンやケータイ、スマートフォンで24時間いつでもキャッシングの申込みができるローン業者や銀行がほとんどで、申込み方法の主流になりつつあります。

インターネット申込みのメリットは、自分の好きなときに申し込めること、急にお金が必要になったときでもすぐに対応できること、家族や職場の人、友人など誰にも知られることなく借りられることなどがあります。

借入れや返済もインターネットで手続きできることから、お金を借りやすい環境なりました。

即日融資OKの消費者金融によってはインターネット申込みの後、来店契約が必要な場合があり、窓口に出向き、本人確認とカード発行を行うのが一般的です。

即日融資の場合、時間内に契約完了をしておく必要があります。

時間内に間に合わなかったけれど、なんとかして即日中に融資を受けたいのであれば、店舗で契約をすることで申込日にお金を振り込んでもらえる可能性があります。

インターネット申込みが増えている中、店舗に出向くメリットとして、一つ目は契約書とローンカードをその場で受け取れることです。

インターネットですべて契約を行ってしまうと、カードと契約書は後日郵送になります。

しかも、店舗での待ち時間は最短で30分から40分程度とそれほど時間がかかるわけではありません。

また、契約について分からないことがあれば、窓口スタッフに直接質問ができるのもメリットです。

わざわざコールセンターに電話をかける手間が省けます。

二つ目はカードを受け取ることができれば、その場で融資してもらえることです。

すぐにお金が必要な人にとって、融資をその場で受けられるのは大きなメリットであることは間違いありません。

ただし、店舗に出向いて申し込んだとしても、過去に金融事故の経験がある方は、契約できない可能性が高くなるので注意が必要です。

個人信用情報をチェックした上で申し込むとより確実に借入れができるのでおすすめです。

お金を借りるなら人気カードローンランキング

お金を借りるとき、金利や審査、サービス、利便性など気になることがたくさんありますが、どれを選んだらいいのか迷って決められないという場合は人気カードローンランキング情報を参考にして申し込むのがおすすめです。

人気カードローンランキングとは、多くの人に選ばれているカードローンをランキング形式で紹介しているサイトのことで、インターネット上には似たようなサイトがいくつか存在しますが、どこの人気カードローンランキングサイトでも上位にランクインしているカードローン会社であれば、安心して申し込むことができます。

多くの人に選ばれるカードローンにはいくつか特徴があります。

一つ目は、金利が低いことです。

お金を借りる場合、少しでも金利が低いところを選びたいと誰しも思うもので、実際に他社よりも金利を低く設定しているカードローンは人気があります。

また、金利は他社と変わりがなくても、無利息キャッシングサービスが利用できるローン会社もおすすめです。

無利息期間内に返済できるのであれば、金利を支払う必要がないのでオトクに借入れができます。

二つ目は信頼感があることです。

大手銀行グループの消費者金融であれば安心感があります。

ローン会社の中には悪質な業者もあり、インターネットや雑誌などでもごく普通に広告を出しています。

悪質な業者の多くは、表面的には良心的な宣伝文句だったり、ホームページもあるなど一見すると見分けがつきにくいことがあります。

間違って悪質業者から借入れてしまうと、借金まみれで債務整理をするしか解決方法がなくなってしまい、人生が大きく狂ってしまうことにもなりかねません。

ブラックリストに載ってしまう可能性もゼロではありません。

テレビコマーシャルでよく見かける業者であれば安心して利用できます。

ローン会社選びに迷ったら、ランキングサイトの情報を参考にしてみると新たな発見があったり、情報収集もできるのでおすすめです。

消費者金融からお金を借りた私の体験談を紹介

ここでは私の消費者金融からお金を借りた体験談について紹介します。

私は都内で働く会社員です。

職場の飲み会やクライアントとのお付き合いが多く、給料日前に限って飲み会が増えるため、これまで資金繰りに頭を悩ませていました。

これまで何度かお金がないことが理由で大切なクライアントとの食事会を断ったことがあり、これをきっかけに、思い切ってローンカードを作っておくことにしました。

どこでローンカードを作るか悩んだのですが、少しでも返済の負担を少なくしたいという思いから、銀行のローンカードを選びました。

銀行と消費者金融とで迷ったのですが、消費者金融のカードローンは即日融資可能で利便性は高いものの、銀行よりも金利が高く設定されていたので、私は迷わず銀行のローンカードにしたのです。

ネットで評判のよい銀行のローンカードを探し、必要書類を調べたとこと、運転免許証と印鑑を持参すれば手続き可能でした。

銀行のカードローンの審査と言えば、「時間がかかる」「審査基準が厳しい」とよく言われるので心配していましたが、翌日には審査に通った連絡があり、すぐにカードを発行してもらえることになりました。

カードを発行してから数日後、急にクライアントの方と飲みに行くことになり、お金がなかったため、早速ローンカードを使ってみました。

24時間いつでもコンビニATMで手数料無料で使えるカードなので本当に便利でした。

銀行のカードローンは消費者金融のように即日融資は難しいため、前もって申し込んでおくと、もしものときでも焦る必要がありません。

ただ、すぐに借入れできるため、借金をしているという罪悪感が薄くなりがちです。

「借金している」という事実を忘れないことが大切だと思います。

カードローンサービスを利用して無計画に借りていると気がついたときにはブラックリストに載る可能性も秘めています。

お金を借りる怖さをよく自覚して、返済日を守って利用することが大切です。

口コミサイトで人気のお金を借りられる消費者金融

お金を借りられるところと言えば、銀行、農協、消費者金融、クレジットカードなど、数えきれないほどたくさんあります。

初めてお金を借りる方や借入れ経験があまりない方は、どのような基準で借入れ先を選んだらいいのか、どういったことに気をつけておくといいのかなど、知りたいことが多いと思います。

そんなときにおすすめなのが、インターネットの口コミサイトです。

口コミサイトでは、消費者金融や銀行のカードローンなどを利用したことのある方の感想や評価が紹介されています。

また、各ローン会社の特徴や、おすすめポイント、キャンペーン情報などの紹介もあるため、わざわざ公式サイトで一つ一つ確認しなくても、口コミサイトで大まかに把握できたり、ローン会社間の比較もできます。

口コミサイトを利用するメリットはいくつかありますが、一つ目は利用者の声が分かることです。

公式サイトには、ローンに関する基本的な情報や利用するメリット・利便性、申込み条件、利用方法などは詳しく紹介されていますが、利用者の声はありません。

初めて借入れする方にとって、そのローン会社を利用した感想や評価があると選びやすくなります。

二つ目は評判の悪いところから借りてしまう可能性が少なくなることです。

消費者金融の中には、貸金業法を無視して貸付を行っている悪質な業者も存在します。

悪質な業者を利用してしまうと、法律で定められている上限金利や借入れ限度額などが無視されてしまう可能性が高く、返済しても利息ばかり支払うことになり全く元金が減らない状況や、厳しい取り立てなど家族を巻き込んでしまう可能性もあります。

口コミサイトであまり評判が良くなかったり、辛口コメントが目立つ消費者金融は避けたほうがよいでしょう。

「ブラックの方でも融資します」という宣伝をしている業者はヤミ金や悪質業者であることが多いため、間違っても利用しないようにしましょう。

口コミサイトで必要な情報を集めて、自分にぴったりの借入れ先を見つけましょう。

事前に知っておきたいお金を借りるデメリット

「給料日前で生活費がピンチ」「支払いが続いてしまい、家計がピンチ」などお金に困ったときに何かと役立つサービスと言えば、キャッシングやカードローンです。

消費者金融からお金を借りる場合、即日融資ができることが多いため、今すぐお金が必要なときは本当に助かります。

インターネットから申込みができ、審査結果が出るのが数十分から長くても数時間程度と早く、近くのコンビニATMや提携ATMで返済ができ、限度額の範囲内であれば何度でも借入れOKなのでとても便利です。

借りたいときにお金が借りられるのはメリットですが、デメリットもあります。

お金を借りる最大のデメリットと言えば、利息です。

消費者金融によっては無利息キャッシングサービスを行っているところもありますが、一定期間を過ぎてしまうと利息が発生します。

期間内に完済できるのであれば特に問題はありませんが、お金を借りる場合は基本的に利息を支払う必要があります。

何回かお金を借りているうちに、借入れそのものに慣れてしまい、借金に対する抵抗感が少なくなってしまう傾向があります。

そうなると限度額いっぱいまで借りてしまったり、もっと借りるために限度額が増やせないかローン会社に相談しようとする人もいます。

結果的に、返済期間が長くなり、利息も膨れ上がってしまい、多額の借金がなかなか減らないという状況に陥ってしまう可能性があります。

最悪の場合、債務整理をするしか解決法がなくなってしまい、ブラックリストに載ってしまうことになります。

ブラック入りすると、新たな借入れや新規クレジットカード加入ができなくなります。

人生の中では、住宅購入やマイカー購入などローンを組む必要性があることもあります。

そんなときに現金払いしかできないというのは大きなデメリットになります。

事前にお金を借りるメリット・デメリットをよく考えた上で借入れをすることが大切です。

具体的な返済プランを立てておくことがポイントです。

素朴な疑問、お金を借りるメリットについて

「お金を借りる」というと、あまりよい印象がないのが一般的です。

お金を借りている人の中には、借金総額が増えすぎてしまったことが原因で、夜逃げや自己破産するしかない状況に追い込まれてしまう人もいることから、生活苦のイメージがどうしても強くなりがちです。

実際、お金を借りすぎてしまったことによる金融トラブルで悩んでいる人が後を絶たず、社会問題にもなっています。

しかし、借金は決して特別な行為ではありません。

「借金」という言葉を使っていないだけで、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードキャッシングなどもお金を借りているということになります。

つまり、よい印象がない借金は私たちの生活のいたるところに存在しているということなのです。

もちろん、お金を借りることはデメリットがありますが、冷静に考えるとメリットもあります。

一番のメリットであるのは、お金が必要なときに、利息は発生しますが手に入ることです。

急な出費が必要になったときに家族や親せき、友人からはなかなか借りにくいですし、お金の貸し借りが原因で信頼関係が崩れてしまうこともあります。

しかし、金融機関であればビジネスなので相手に気を遣う必要がありません。

きちんと返済さえすれば、貸す側である金融機関はお客さまとして丁重に対応してくれます。

人生の中には、どうしてもお金が必要で借りるしかないということも起こりうる可能性があります。

そんなときに、金融機関を利用することで肩身の狭い思いをしなくてすみますし、苦境を乗り切ることもできます。

もしものときのために、あらかじめ銀行のカードローンを契約しておくのもおすすめです。

入会費や年会費はかからないことがほとんどなので、作っておいて損することはありません。

ただし、ブラックの方はお金を借りることができません。

ブラックリストに載ってしまった方は仕事をかけもちしたり、転職するなど何かしらの方法で苦境を乗り切ることになります。

お金を借りたい方におすすめのカードローンを紹介

お金は銀行や消費者金融から借りられます。

銀行からお金を借りるのと消費者金融から借りる場合の違いは、総量規制の対象になるかならないか、金利、審査結果が出るまでの時間などがあります。

すぐに資金が必要な場合は即日融資が可能な消費者金融がおすすめですし、多額の資金を借入れしたい場合は金利が低い銀行がおすすめです。

お金を借りたいと思っている方の多くが望んでいることと言えば、やはり金利が少しでも低いことです。

ここでは、そんなみなさんにおすすめのカードローンを紹介します。

一つ目は住信SBIネット銀行のカードローンです。

住信SBIネット銀行はインターネット専業銀行であり、コストを抑えることができるため、実質年率3.5%から10.0%というオトクな金利が特徴です。

利用限度額はスタンダードコースが100万円まで、プレミアムコースは700万円までで10万円単位で限度額が決まります。

担保・保証人不要で満20歳以上で安定継続した収入がある方であれば申込み可能です。

即日融資は厳しいですが金利が低いため、返済の負担が少なくてすむのが魅力です。

二つ目は新生銀行レイクです。

レイクを初めて利用する方限定で、「180日間無利息」か「30日間無利息」のどちらかのサービスを選べます。

無利息期間が設けられているため、期間内に全額返済すれば、金利ゼロで借入れできます。

無利息期間終了後は実質年率4.5%から18.0%、最高限度額500万円です。

利息を支払いたくない方や金利に対する不安感が強い方にぴったりです。

原則としてお金を借りるには、満20歳以上であることや安定した収入があることが条件ですが、ブラックの方はこれらの条件を満たしていたとしても借入れはできません。

必要に応じてお金を借りたいのであれば、ブラックリストに載ってしまわないように気をつけることです。

ブラック入りしてしまうとデメリットが多いということをよく理解しておくようにしましょう。

パートやアルバイトでもお金を借入れできるのか

パートやアルバイト収入しかないと、お金を借りられないと思っている方は意外とたくさんいます。

実はほとんどの消費者金融では、パートやアルバイトの方でも安定した収入がある方であれば、主婦であってもお金を借りることができます。

もちろん、低金利である銀行からお金を借りる場合は、消費者金融よりも審査基準が厳しく設定されているため、確実に借りることができるとは言い切れません。

しかし、消費者金融であれば、正社員や契約社員など「社員」として勤務していることが必須条件ではないため、ボーナスがなくても、派遣スタッフとして働いていても、定期的な収入があれば、ブラックリストに載っていない限りはお金を貸してもらえることがほとんどです。

ただし、パートやアルバイトの方は、そうしても社員や契約社員の方よりも給料が少なくなりがちです。

そのため、利用可能限度額が少なく設定される可能性が高くなります。

例えば、正社員であれば限度額100万円であるところ、パートやアルバイトの方の限度額が30万円になる、ということはありがちです。

審査ではどの程度収入があるか、勤続年数はどれくらいか、過去に金融事故を起こしていないか、返済能力はあるか、他社の借入れ額と件数はどの程度か、などをチェックしていきますが、パートやアルバイトに限らず、初めて利用する方は信用歴がないため、一般的に利用限度額は少なめに設定されることがほとんどです。

アルバイトであっても多額の借入れをしたい場合や、将来的にたくさんのお金が必要になることが分かっている場合は、毎月返済期日前にきっちり支払うことで信用度をアップさせておき、半年から1年後に限度額を増やせないか相談してみるのもよいでしょう。

パートやアルバイトだからといって、お金を借りることを諦める必要はありません。

計画的な利用を心がければ特に問題ありません。

確かな消費者金融会社を選んで、お金を借りるようにしましょう。

女性専用のキャッシングサービスについて紹介

消費者金融と聞くと、「怖い」「借りたくても近寄りにくい」「安心して借りられるか不安」など、抵抗感を感じてしまう女性は多いと思います。

最近では、そんな女性のために、女性専用のレディースキャッシングサービスを取り扱う消費者金融が増えています。

消費者金融で女性専用のキャッシングと聞くと、イマイチイメージが湧かないかもしれませんが、通常のキャッシングとはどう異なるのでしょうか。

通常のキャッシングサービスでは、受付窓口やオペレーターが男性であることもあります。

女性の中には、男性スタッフの対応だと、「怖い」と感じてしまうことがあることから、女性専用のレディースキャッシングサービスが生まれました。

レディースキャッシングでは、受付窓口やオペレーターはすべて女性スタッフが対応してくれます。

女性専用のフリーダイヤルが設けられているため、専用ダイヤルであれば、女性スタッフしか電話応対しないという安心感があります。

この他にも、レディースキャッシングには女性が喜ぶさまざまなサービスが充実しています。

例えば、入会金や年会費が無料だったり、通常のキャッシングよりも金利が低く設定されていることもあります。

中には、一定期間無利息で借りられるキャンペーンが設けられていることもあり、女性専用のキャッシングはオトク感がいっぱいです。

魅力が多いレディースキャッシングサービスは、主婦の方やパート・アルバイトの方も利用可能です。

中には専業主婦であったとしても配偶者に安定した収入があれば借入れ可能なところもあります。

しかし、ブラックリストに載ってしまっている方は残念ながら借入れができません。

ブラックでなくなるのを待つしか方法がないのが現状です。

金融事故の内容にもよりますが、事故情報が消えるまで5年から10年程度はかかると言われています。

女性がキャッシングを利用するのであれば、レディースキャッシングのほうがオトクであることが多い傾向があります。